屋上からの景色 と 雨漏り修理

 

 

 

昨日は、RC造(コンクリート造の建物)の雨漏り工事です。

2階の天井からポタリポタリと雨漏りの状態。天井裏を覗くと!!

屋上床部分に亀裂。 亀裂分部に雨水が浸入して雨漏りに。

昇降用の足場をかけて屋上へGo!!

屋上へたどり着くと、いい眺めの景色です。 豊橋の街がグル~と見渡せる景色。

と、言ってる場合でなく。雨漏り修理を。

亀裂部分を中心に数カ所ドリルで穴を開け、注入用の器具で水を圧力を掛けて注入。どこから浸入しているかの確認です。

数カ所穴を開けた部分と亀裂から水が出てきました。

雨漏り部分を確認し、防水工事の開始です。

雨漏り原因部分を中心に亀裂の廻りにも防水材の注入。

 

始めに水を注入することで、防水材圧力を掛けながらを注入すると水がドリルで開けた穴から出てきます。 と言うことは、防水材が中に浸入していると言うことです。

なるほどと思いながら、順番に穴に防水材を注入。

注入後は、硬化するまで栓をしてしばらく待ち、防水材の固まりを確認し栓を抜き 綺麗に掃除をして表面を仕上げて完了です。

後は、雨の日に雨漏りを確認です。一回では、心配なので数回確認します。

職人の技ヒカル仕事でした。

ルーミング 豊橋 アマノ