緊急漏水工事

 

天井から水滴が垂れてきていると連絡をいただき現地を見に行くと、天井板が変色して剥がれ落ちて水滴が垂れている状況。ちょうど真横に天井点検口があったので覗いて見ると配管から漏水を確認。水道業者と現地配管を確認すると、配管の材料が鉛管(エンカン・なまりの管)。昔よく使われていましたが、現在は塩ビ管。

鉛管は劣化・腐食して穴があき漏水の原因になります。今回もそれが原因です。

原因がわかったので配管経路を確認して、2階のトイレからの漏水の為、トイレの床をめくる必要があります。

お客様に説明して了承をいただき工事開始です。

 

まず天井を配管やり替え工事がしやすいように天井板をはがし、配管をとりかえます。すべて配管を替えるわけでないので特殊な部材(塩ビ管と鉛管を接続する部材)をしようしてつなぎます。

2階の床もめくり配管をやりかえて漏水していないかを確認して配管工事は完了です。

次は床板の復旧工事をして、この際と言う事で便器も緊急で取替る事になり便器も新設に取替て1階の天井を復旧して工事完了です。

今回は天井点検口がすぐそばにあって原因がすぐに確認できたので、大掛かりな工事でしたがスムーズに修理する事ができました。

ルーミング 豊橋 アマノ

 

 

 

 

 

 

 

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031