梅雨の合間に雨漏り修理

 

以前、和室の天井から雨漏りがしたと雨漏り修理の依頼。 現地を確認すると天井に雨漏り後が。原因を突き止める為、お客様のお話を伺い現地を調査。和室の上はベランダと聞き調査。昔ベランダの防水工事を施工したと伺いました。ベランダを調査すると平場(平の面)が浮き上がっている部分を発見。防水層の間に水が回っている様子。立上り部分も防水が浮き上がている様子から防水の端部より雨水が侵入して、既設ベランダの防水下地のモルタルのひび割れ部分に雨水が侵入して、雨漏りをおこした様子です。

梅雨シーズン、天気を見ながらの工事。浮き上がり雨水が侵入した部分を撤去。撤去したところから水が出てきます。悪い部分を綺麗に撤去後は、乾かす為バーナーで炙ります。

後は下地処理工程を丁寧にして無事に完了。

後日乾いたら、トップコート(仕上げ塗)して完成です。 この後、雨が降っても大丈夫なところまで作業が終わり一安心です。

ルーミング 豊橋  アマノ

 

 

 

 

2020年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031