ホーム>施工実績>店舗 床(土間)沈下補強工事
施工実績

店舗 床(土間)沈下補強工事

店舗 床(土間)沈下補強工事
店舗 床(土間)沈下補強工事
店舗 床(土間)沈下補強工事
店舗 床(土間)沈下補強工事
店舗 床(土間)沈下補強工事
店舗 床(土間)沈下補強工事
店舗 床(土間)沈下補強工事
店舗 床(土間)沈下補強工事

お客様からのご相談で、店舗の床(コンクリート製土間)が沈下しているみたい?とご相談がありました。 現地調査・測量して、沈下度合いを確認。

店舗内を歩くだけでも、沈下度合いがわかるぐあい。 ひどい所で10cmぐらい沈下。 店舗の中央分部が、すり鉢状に沈下している状態でした。

調査・測量をもとに、お客様にこんな工法を提案しました。

「ウレタン樹脂注入工法」!!

沈下した床(コンクリート製土間)に穴を開けて発泡ウレタンを注入。 床(コンクリート土間)下で発泡・膨張し、床(コンクリート製土間)を持ち上げる工法です。

利点は、工事期間の短縮。 今回の工事は、1日もかかりませんでした。 その為、次の日から営業可能。 

もう一つは、大きい家具・重量のある設備機器等を移設しなくても工事可能。(※施工状況により打合せで移設が発生します。 給排水設備のまがり・破損が障子ます。)

お客様に、説明し打合せを重ねご理解いただき。 工事着工です。

2017220164029.JPG

左写真のように、床(コンクリート製土間)に穴を開けて、発泡ウレタンを注入。

みるみるうちに床が上がってきます。

 

2017220164254.JPG

事前調査・測量で、沈下度合いを調べて計画・御見積を作成します。

 

右写真:実際の調査状況

     数カ所 床(コンクリート製土間)に穴を開け、スコープカメラで沈下度合いの確認。

     開けた穴は、ちゃんと補修までします。

201722016479.JPG

工事前の状況:床と壁が離れている状況

2017220164819.JPG

工事完了後:床と壁が元のようにくっいている状況

 

 

ページの先頭へ